多キャラ箱オリジナルグッズ デザインコンペ2018 応募要項

ご自身で創作したキャラクターやイラストレーションを用いた多キャラ箱オリジナルグッズのデザインを募集します。

最優秀賞  1名 / 正賞:賞状 / 副賞:賞金50,000円
優秀賞   各部門1名 / 正賞:賞状 / 副賞:賞金10,000円

受賞デザインは商品化後、多キャラ箱オリジナルグッズとして販売され、販売実績に応じたロイヤリティが支払われます。なお、各賞金はロイヤリティの前払い分となります(※ロイヤリティの総額が授与された賞金額を超過すると、販売実績に応じたロイヤリティが支払われます)。

※受賞にあたり主催者と独占的使用許諾契約を結んでいただきます。
※商品化に伴うデザイン作業にあたり、応募デザインの縮小、拡大等の変更を行うことがあります。
※審査の結果、入賞なしとする場合があります。
応募期間
2018/04/16 ~ 2018/05/31
募集内容・提出物

ご自身で創作したキャラクターやイラストレーションを用いた多キャラ箱オリジナルグッズのデザインを募集します。応募部門は5つに分かれています。

・ステッカー

・スマホケース

・トートバッグ

・Tシャツ

・自由課題  ※上記部門以外で商品化したいグッズのデザイン

例:ポーチ、マグカップ、マスキングテープなど

 

※応募点数の制限はありません。ただし、応募者自身が著作権等の知的財産権を有し、未発表のデザインであること(キャラクターやイラストレーション作品は発表済みでも構いません)。

 

【提出物】

①デザインデータ

②応募するデザインデータを閲覧用に保存したサムネイル画像

③応募するデザインに用いたキャラクターまたはイラストの名称

 

※その他、氏名やメールアドレスなど応募者情報をご入力いただきます。

※デザインの規定は部門毎に設定されています。詳細は多キャラ箱オリジナルグッズ デザインコンペ2018ページを参照してください。

応募方法

多キャラ箱オリジナルグッズ デザインコンペ2018ページの応募フォームよりご応募ください。

応募資格
国籍、性別、年齢、プロ、アマを問わず誰でも応募できます。
参加費
無料
結果発表について
2018年7月20日(金)
受賞者に通知するとともに多キャラ箱で発表します。
主催
株式会社プラントピア

注意事項

・応募の取り消しはできません。

・応募デザインの著作権は応募者本人に帰属しますが、デザインコンペ終了後、デザイン画像の一部をホームページ、ポスター等の広報活動等に使用する権利は主催者に帰属します。

・デザインコンペの開催、運営に必要な個人情報等は、デザインコンペ終了後、5年を経過した段階ですべて破棄します。

関連コンペ

ここが私のお気に入り「紅葉」スポット…

賞品は、全国でご利用いただける「JCBギフトカード」最大10,000円分とカメラ専門店マップカメラにてカメラ機材のご購入に使える「シュッピンポイント」!

・大賞 1名
10,000円分商品券
期間中にカテゴリー「紅葉/黄葉」にご投稿頂いた作品が審査対象!1作品にJCBギフトカードをプレゼント。

・副賞 2名
5000円分商品券
期間中にカテゴリー「紅葉/黄葉」にご投稿頂いた作品が審査対象!2作品にJCBギフトカードをプレゼント。

・ブラボー賞 5名
1000ポイント
期間中にカテゴリー「紅葉/黄葉」にご投稿頂いた作品が審査対象!5作品にシュッピンポイントをプレゼント。

鶴川ショートムービーコンテスト2019

グランプリ 賞金100,000円
(募集作品のすべての中から脚本・技術等特に優れた作品)
準グランプリ 賞金50,000円
(脚本・技術等特に優れた作品)
町田市長賞 賞金20,000円
(町田市にふさわしい作品)
町田市議会議長賞 賞金20,000円
(将来性が期待できる作品)
(一財)町田市文化・国際交流財団理事長賞 賞金20,000円
(地域の素晴らしさを表現した作品)
審査委員長賞 賞金10,000円
(小中和哉審査委員長が選ぶ、これからが期待できる作品)
審査委員特別賞 賞金10,000円
(高橋巌審査委員が選ぶ、これからが期待できる作品)
実行委員会賞 賞金10,000円
(実行委員会メンバーが選ぶ作品)
U-18賞 賞金10,000円
(18歳以下の監督が手掛けた作品の中から優れたもの)
観客賞 賞金10,000円
(一般からの投票を加味して決定)

日比野克彦×道後温泉 道後アート2019・2…

・最優秀作品(1点):賞金30万円
・優秀作品(2点):賞金5万円

最優秀作品の提案内容を基に、対象施設の実施設計および施工が行われます。
実施設計・工事監理および施工者については、別に地元(愛媛県内)にて選定します。実施設計は、最優秀作品の応募者、地元協働者、実行委員会、事務局等との協議の上、採用作品の提案内容を尊重して行います。