OPEN SITE 2018-2019

全ての表現に門戸を開いたトーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)の企画公募プログラム「OPEN SITE」。

2018年度も、これまでにない表現を希求し、新しい視点を持って創造の場を捉え、社会と向き合う企画を募集します。

TOKAS本郷の空間を自由に使って企画を実現させてみませんか?

選出された企画への支援内容も充実。たくさんのご応募をお待ちしています!

なし
応募期間
2018/03/01 ~ 2018/04/13
募集内容・提出物

【募集企画】

「オープンサイト2018-2019」において実施する企画案

1~3のすべてに該当するもの。

1.以下のいずれかの形式に当てはまる企画。

平面、立体、デザイン、メディア・アート等の展示、リサーチプロジェクトの発表、音楽、ダンス、演劇、映画・映像、シンポジウム、ワークショップなど。これらに類する企画やこれらが複合した企画。

2.新しい表現を希求し、創造の場を社会へと開いていくことに意欲的な企画。

3.高い構成力や独自性の認められる企画。

 

 

【発表形式】

1.展示系(会期27日間、入場料無料)

2.パフォーマンス系(設営撤去含む会場使用可能期間1週間程度、原則として入場料有料)

3.OPEN SITE dot(設営撤去含む会場使用可能期間1週間程度、入場料無料)※2018年度新設

 

【支援内容】

1.会場の無償提供

2.制作支援金(税込)

A. 展示系:40万円

B. パフォーマンス系:20万円

C. OPEN SITE dot:10万円

3.出演料の支払い(入場料収入相当額から源泉所得税を差し引いた額)(※Bのみ)

4.宿泊施設としてTOKASレジデンシーの提供(国内遠方居住者及び海外居住者のみ)(※A・B)

5.広報・宣伝および運営の一部をサポート

 

【会場】
トーキョーアーツアンドスペース本郷(東京都文京区本郷2-4-16)

 

【企画実施期間】

1.2018年11月24日(土)~ 2018年12月24日(月・祝)

2.2019年1月12日(土)~ 2019年2月11日(月・祝)

 

【審査員】(順不同/敬称略)
畠中 実 (NTTインターコミュニケーション・センター[ICC] 主任学芸員)
久野敦子(公益財団法人セゾン文化財団 プログラム・ディレクター)
毛利嘉孝(社会学者、東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科 教授)
近藤由紀(トーキョーアーツアンドスペース プログラムディレクター)

 

【応募締切】

応募用紙提出:2018年4月13日(金)24:00(日本時間)

資料アップロード:2018年4月20日(金)24:00(日本時間)

応募方法

TOKASのウェブサイトより応募パッケージをダウンロード

応募資格
1. 応募者を責任者とし、企画の準備、実施から撤去まで責任を持って遂行できること。
2. 一次選考を通過した場合、二次選考の面接に必ず出席できること。
※ 海外、遠方に居住等の場合はSkypeでの面接も可能です。
参加費
無料
結果発表について
①一時選考(書類):2018年5月中旬
※結果は一時選考通過者のみに個別にご連絡いたします。
②二次選考(面接):2018年6月3日(日)(予定)
※結果は二次選考参加者すべてに個別にご連絡いたします。
③入選企画の発表:2018年6月中旬(TOKASのウェブサイトにて発表いたします)
※選考の経緯、結果に関する個別の問い合わせは受け付けておりません。
主催
公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館 トーキョーアーツアンドスペース事業課

関連コンペ

第1回備中備後デニムコンテスト

【写真部門】
最優秀賞(1点) 賞金5万円またはデニムスーツ,副賞
優秀賞(2点) 賞金3万円

【動画部門】
最優秀賞(1点) 賞金5万円またはデニムスーツ,副賞
優秀賞(2点) 賞金3万円

【イラスト部門】
最優秀賞(1点) 賞金5万円またはデニムスーツ,副賞
優秀賞(2点) 賞金3万円

【ロゴマーク部門】
最優秀賞(1点) 賞金10万円またはデニムスーツ,副賞