「第14回 シヤチハタ・ニュープロダクト・デザイン・コンペティション」

シヤチハタ・ニュープロダクト・デザイン・コンペティションは、商品化を前提に今までにないプロダクトデザインを求めるコンペティションです。2018年に10年の月日を経て第11回を再開しました。2020年に開催しました第13回では、1282作品の応募があり、その中から10点を受賞作品として決定しました。
 
 この度、開催します第14回では、テーマを『「   」を表すしるし』とし、応募者が自由に「   」中に入る言葉を考え、応募作品のテーマとすることができるようにしました。今日、社会で示されるしるしは多種多様に広がっています。 自身を証明する証に、感情を表すSNSスタンプ、もののステータスを示すサイン・・・。「しるし」は、まだまだ計り知れない可能性を秘めたプロダクトや仕組みなどを描くことができるテーマです。様々な観点から従来の発想を超える新しいアイデアをお待ちしております。

 審査員は、昨年と同じ喜多俊之氏、後藤陽次郎氏、中村勇吾氏、原研哉氏、深澤直人氏の5名です。受賞作品は、グランプリ1作品(賞金300万円)、準グランプリ2作品(賞金50万円)、審査員賞5作品(賞金20万円)、 特別審査員賞2作品(賞金20万円)の計10作品となり商品化を検討します。

 なお、本コンペはより大きな視点でものづくりの普及啓発に取り組むため、前回に引き続き一般社団法人未来ものづくり振興会が主催し、シヤチハタ株式会社の特別協賛のもとで開催いたします。

グランプリ1作品(賞金300万円)、準グランプリ2作品(賞金50万円)、
審査員賞5作品(賞金20万円)、特別審査員賞2作品(賞金20万円)
※全ての受賞作品が、商品化の対象となります。また、本コンペの公式サイトで公開されます。
応募期間
2021/04/01 ~ 2021/05/31
募集内容・提出物

一次審査提出物:プレゼンシート(サイズ:A3、枚数:1枚、形式:PDF、容量:10MB以内)

応募方法

公式サイト(https://sndc.design)よりご応募ください。

応募資格
・個人、グループ及び企業、団体。年齢、性別、職業、国籍不問
 (ただし、日本語でのコミュニケーションが可能であること)。
・1次審査を通過した場合、2021年9月3日(金)までに、模型制作が可能であること。
・入賞した場合、2021年10月15日(金)18:00(予定)から東京都内で行われる表彰式に参加が可能なこと。
※1人または、1グループで複数作品の応募が可能です。
 ただし、事前エントリーは1応募につき、1エントリーをお願いします。
参加費
なし
結果発表について
1次審査通過連絡: 7月下旬予定
模型提出 :9月3日(金)締切
最終審査 :9月10日(金)予定
表彰式 :10月15日(金)18:00~予定
主催
一般社団法人未来ものづくり振興会
お問い合わせ:
シヤチハタ・ニュープロダクト・デザイン・コンペティション事務局
sndc2021@japandesign.ne.jp
注意事項

著作権の取扱について

受賞作品(グランプリ、準グランプリ、審査員賞、特別審査員賞)の日本および世界の全ての国の特許、実用新案、意匠、商標、著作権(著作権法第27 条及び第28 条所定の権利を含む)に関する全ての権利は主催者に帰属するものとします。また、応募者は受賞作品に関し著作者人格権を行使しないものとします。尚、上記権利の譲渡対価は、主催者規定の受賞賞金をもって充てるものとします。

関連コンペ

第2回小布施短編映画祭

*コシナ賞
世界最高品質のレンズを製造してきたパートナーのコシナによる、コシナ賞。「思わずスクリーンに引き込まれる、息を呑むような美しい作品」に贈られます。
「映像の美しさ」を軸とし、ショットやルックの美しさ、映像美が作品のクオリティを効果的に高めているか、という基準で審査を行います。
美しい映像を通じて、作品の世界観やメッセージを最大限に表現している作品を評価します。
*小布施賞
映画や映像の第一線で活躍するクリエイターを特別審査員に迎え、イノベーションに積極的に取り組んできた「小布施」の名を冠する、小布施短編映画祭ならではの賞です。
作品テーマの新規性や先見性、映像表現としての新しさなどを評価基準に、時代の一歩先を見据えた作品を評価します。
特にストーリーや脚本としての面白さ、作品に込められたメッセージ性、作品全体の作家性などを基軸に審査を行います。
*一般審査員賞
小布施やその近隣から公募で集まった映画好きの審査員による、一般審査員賞。
「この映画が一番好き」「感動した」「面白かった」など、純粋にオーディエンスの心に響く優れた作品に贈られる賞です。
*グランプリ
第2回小布施短編映画祭では、グランプリを設けます。
上記3つの賞のWINNER作品の中から、最も優秀な作品をグランプリ作品として選出します。