学生下宿年鑑・ひとり暮らしGUIDE BOOK表紙コンペ《学生限定》

ジェイ・エス・ビーグループは、毎年発行している「学生下宿年鑑(ダイジェスト版 ひとり暮らしGUIDE BOOK)」の表紙デザインを募集します。
学生下宿年鑑はシリーズとして地区別版・ダイジェスト版、合わせて約160万部を全国で配布しております。「ダイジェスト版」ではUniLife学生マンション情報、ひとり暮らしに関する生活情報等を提供し、複数エリアの学校を志望する併願受験生の部屋探しに大いに活躍しております。
今回、学生皆様の若い発想力に期待し、表紙コンペにて選出することとなりました。配布対象である「高校生」の世代に近い分、訴求力のあるデザインを期待します。
配布対象は受験生や高校生ですが、学生を通して、その保護者にも手に取りたくなるような、幅広い年代に親しみやすいデザインをご応募ください。多くの学生さんが、これから始める楽しいひとり暮らしや、新しい学校での生活をイメージできるような明るく元気な作品をお待ちしております。

●1位 パリ旅行(3泊5日ペア)または商品券10万円
●2位 旅行券5万円分
●3位 旅行券3万円分
※パリ旅行は、来年以降、国際線が通常運行に戻る頃の催行を予定。諸事情により旅行ができない場合は10万円相当商品券へ代替可
応募期間
2020/06/01 ~ 2020/09/14
募集内容・提出物

募集内容

「学生下宿年鑑(ダイジェスト版 ひとり暮らしGUIDE BOOK)」の表紙デザイン

※表現方法、画材、素材などは不問

※自作、未発表作品で第三者が有する著作権等の権利を侵害しないものに限る

※上記、違反することが判明した場合は、応募作品が入賞していても、その賞の取り消し及び返還を求める

 

【テーマ】

ユニライフの安心、明るいひとり暮らし、楽しいお部屋探しのイメージが表現された表紙デザイン

 

提出物

  • 作品

※B5、縦向き

※pdfファイル

※その他、コンセプトボード等(郵送)も可

※タイトル、ロゴ、キャラクターの使用は、公式ホームページ内の指定を尊守すること。また、主催者にて、校正、編集する場合があり

※折曲厳禁

※入賞作品は受賞発表後、デジタル作品はAiやPDFなどデジタルデータ、アナログ作品の場合は原本を送付すること

※表彰が終了するまで、原本は削除しないこと

  • 作品のコンセプト

※300字程度

 

※応募作品は受賞の有無を問わず返却せず

※提出後の追加・修正も不可

※詳細は公式ホームページを参照

応募方法

公式ホームページのフォームよりエントリー

応募資格
高校生以上の学生
参加費
無し
結果発表について
2020年10月中旬ごろ、受賞者に通知

主催
株式会社ジェイ・エス・ビー
注意事項

著作権の扱い

入賞者は次の内容を含む契約を締結すること。

①入賞作品の著作権(著作財産権)、その他一切の権利を弊社に無償で譲渡すること。

②弊社が入賞作品を利用して販促物等を作成・譲渡することを許諾すること。

③弊社が入賞作品に関して商標又は意匠の出願・登録をすることを承認すること。

受賞者が上記の契約を締結されない場合は、その賞の取り消し及び返還を求める

 

関連コンペ

EVERYBODY×PHOTOGRAPHER .com「豪華賞品…

デイリー賞
毎日1作品にマップカメラでご利用いただける1000ポイントプレゼント!

FUJIFILM賞 1作品
X-T30 XF18-55mmレンズキット ブラックをプレゼント!

OLYMPUS賞 1作品
OM-D E-M5 Mark III 14-150mm II レンズキット ブラックをプレゼント!

SIGMA賞 1作品
fp & Contemporary 45mm F2.8 DG DN キットをプレゼント!

Canon賞 1作品
詳細は後日公開!

Nikon賞 1作品
詳細は後日公開!

Panasonic賞 1作品
詳細は後日公開!

マップカメラ賞 1作品
マップカメラでご利用いただける10万円分のポイントをプレゼント

エイブルデザインアワード ABLE DESIGN…

日本国内選考を通過する代表2組にそれぞれ製作補助金€12,000(約1,560,000円)を支給
入賞者(プレゼンテーション審査参加最大6組)には「エイブルデザインチーム」の活動に参加できる権利を付与

※エイブルデザインチームとは
株式会社エイブルが学生キャリア支援プログラムとして、 2016年から賃貸物件のリノベーションをデザインする「エイブルデザインチーム」を発足。 エイブル空間デザインコンペティションの入賞者で構成されるエイブルデザインチームは、 賃貸物件オーナーに向けてリノベーションデザインを提案し、 企業と商品化に向けたデザイン提案を行うなど、 学生生活では経験できない様々なプロジェクトに参加することができます。