2020年度国内クリエーター制作交流プログラム

トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)のレジデンスプログラム「2020年度国内クリエーター制作交流プログラム」の募集を開始します。「2020年度国内クリエーター制作交流プログラム」は、ヴィジュアルアート、デザイン、建築、キュレーションの分野で活動し、「都市の祝祭性」のテーマのもと、2020年5月~7月に滞在制作を行う日本在住クリエーター2名を募集します。この2名は、同期間に同じテーマで制作活動をする、海外クリエーター招聘プログラム参加クリエーター2名と対話や議論の場を持ちながらそれぞれ個別に制作活動を行い、その成果をオープン・スタジオやレジデンス成果発表展などで発表します。

 

サポート内容:居室(シングルルーム)、滞在費、制作費   
スタジオ:シェアスタジオを提供
募集内容・提出物

【概要】

募集テーマ:「都市の祝祭性」

滞在期間:2020年5月上旬~7月下旬

募集人数:2名(予定)

募集分野: ヴィジュアルアート、デザイン、建築、キュレーション

 

応募方法

ウェブサイト(https://www.tokyoartsandspace.jp/archive/application/2019/20190919-219.html)より、「応募要項」「アプリケーションパッケージ」をダウンロードし、応募書類を送付してください。

具体的な応募方法については、「応募要項」をご確認ください。

※複数プログラムの応募も可能。その場合は、プログラムごとにアプリケーションフォームを作成し、一緒にお送りください。

 

参加費
無料
主催
公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館 
トーキョーアーツアンドスペース

【お問い合わせ】
contact_residency2019[at]tokyoartsandspace.jp ([at]を@に代えてください)
注意事項

TOKASウェブ上に掲載されているFAQ以外のお問合わせについては、2019年10月8日(火)までに上記Emailまでお送りください。

質問への回答は、2019年10月15日(火)以降にFAQに追加し公開します。

 

※原則として、個別の回答は行っておりません。また、電話でのお問い合わせはご遠慮ください。