京都デザイン賞2017

京都には1200年の歴史が培った魅力的なデザインが多数存在しています。それらは現代においても引用され、新たな作品や商品開発に繋がっています。京都デザイン賞2017では、京都の伝統と文化を守りながら、新たなデザイン手法を用いて、新しい京都のデザインの創出を図る作品を募集します。

京都デザイン大賞 1点(賞状とトロフィー)
京都府知事賞 1点(賞状)
京都市長賞 1点(賞状)  
京都商工会議所会頭賞 1点(賞状)  
京都新聞賞 1点(賞状)
伏見の清酒・都鶴賞 1点(賞状と賞金3万円)
京とうふ藤野賞 1点(賞状と賞金3万円)
京の和文具賞 1点(賞状と賞金3万円)
京焼・清水「晋六窯」賞 1点(賞状と賞金3万円)
学生賞(画箋堂賞) 1点(賞状と画箋堂にて使用できる3万円分の商品券)
入選 各部門数点(賞状)
募集内容・提出物

応募登録書に必要事項を記入のうえ、

開催事務局公益社団法人京都デザイン協会までファックス、メール、郵送にてお送りください。出品料振込確認後、事務局から出品票をお送りします。

<応募登録書に振込名義人、振込日、振込金額をご記入ください。>

  • 募集要項のダウンロード▶︎http://design.kyoto/award_2017/
  • 作品説明書のダウンロード▶︎http://design.kyoto/award_2017/
  • 応募登録書のダウンロード▶︎http://design.kyoto/award_2017/
応募方法

【応募登録書の送付先】

公益社団法人京都デザイン協会

〒604-8247 京都市中京区塩屋町39(三条通小川北西角)

FAX:050-3385-8009

e-mail:info@design.kyoto

応募資格
特になし
参加費
【出品料および出品数】
A部門[第1~3分野]宅は1作品 5,000円
A部門[第4分野]住宅は 1作品10,000円
A部門[第4分野住宅以外は1作品30,000円
B部門[第1~4分野]宅は1作品 3,000円
C部門[第4分野住宅以外は1作品 3,000円
出品料は応募登録締め切りまでに下記口座へお振込みください。なお、振込手数料は本人負担とします。
京都銀行本店 普通 752271
公益社団法人 京都デザイン協会 理事長 奈良磐雄 宛
結果発表について
【審査結果の通知】
審査結果は2017年10月中旬に、入賞者には文書で通知するとともにホームページで公開します。
入賞後、応募要項に反する事実が判明した場合、入賞を取り消す場合があります。また、安全性、衛生面等専門機関の試験、検査が必要なものは、当該試験、検査が終了しているものと判断し、入賞後これらの点で不都合が生じた場合、入賞を取り消すことがあります。さらに、必要に応じて品質データの提出や、専門機関での検査等を求めることがあります。
【応募作品・製品の搬入・搬出】
応募作品および製品は、下記まで搬入・搬出してください。

【搬入先】
〒610-1197
京都市西京区大枝沓掛町13-6
京都市立芸術大学 京都デザイン賞係宛
※大学へのお問い合わせはご遠慮ください。
※パネル作品のみの方は10月6日(金)までに京都デザイン協会へ郵送していただいても結構です。

【搬 入】
2017年10月7日(土)10:00~14:00(時間厳守)

【搬 出】
2017年10月8日(日)15:00~16:50 
京都市立芸術大学にて
A・B部門の「実物製品・模型」とC部門の「実物ダミー」
※作品パネルは、2017年11月15日(水)・16日(木)14:00~17:00 公益社団法人京都デザイン協会にて返却します。
主催
公益社団法人京都デザイン協会
〒604-8247 京都市中京区塩屋町39(三条通小川北西角)
TEL:050-3385-8008 FAX:050-3385-8009
e-mail:info@design.kyoto
注意事項

【意匠権等について】

京都デザイン賞応募作品に関する意匠権等の知的財産権、品質、性能、安全性等の要件、およびその販売、施工等に関して生じた問題に関しては応募者が責任を負うものとし、主催者は一切の責任を負いません。

京都デザイン賞への応募者、または受賞者あるいは第三者の間で生じた紛争については、主催者は一切の責任を負いません。

関連コンペ

KLab Creative Fes- 2D- アイドルイラス…

グランプリ 1作品
賞金 50万円

準グランプリ 1作品
賞金 20万円

敢闘賞 最大10作品
賞金 3万円

〇〇賞
Amazonギフト券1万円分

※各賞において該当者がない場合もございます
※◯◯賞について ご応募いただいた作品の中でグランプリや準グランプリ、敢闘賞には当たらないものの、特別な魅力や尖った技術を感じた作品に贈られる可能性がございます。