鶴川ショートムービーコンテスト2019

2015年に初開催し、今回で5回目の映画祭です。映画界に新しい風を送り込みたいと新しい取り組みや新しい表現をしている作品を応援したいと考えています。皆さまのご応募をお待ちしています。作品募集は2019年7月1日(月)から9月15日(日)まで、各賞の発表は2019年11月23日(土・祝)に行います。

グランプリ 賞金100,000円
(募集作品のすべての中から脚本・技術等特に優れた作品)
準グランプリ 賞金50,000円
(脚本・技術等特に優れた作品)
町田市長賞 賞金20,000円
(町田市にふさわしい作品)
町田市議会議長賞 賞金20,000円
(将来性が期待できる作品)
(一財)町田市文化・国際交流財団理事長賞 賞金20,000円
(地域の素晴らしさを表現した作品)
審査委員長賞 賞金10,000円
(小中和哉審査委員長が選ぶ、これからが期待できる作品)
審査委員特別賞 賞金10,000円
(高橋巌審査委員が選ぶ、これからが期待できる作品)
実行委員会賞 賞金10,000円
(実行委員会メンバーが選ぶ作品)
U-18賞 賞金10,000円
(18歳以下の監督が手掛けた作品の中から優れたもの)
観客賞 賞金10,000円
(一般からの投票を加味して決定)
応募期間
2019/07/01 ~ 2019/09/15
募集内容・提出物

応募は一人(一団体)1点のみ。複数の団体に所属し、複数応募することもできません。

15分以内(タイトル・クレジットを含む)の作品であること。

※それ以上長い作品は審査対象外となりますのでご注意ください。

2017年9月16日以降に完成した作品であること。

映像は実写、CG、アニメーションなど自由ですが、オリジナルの映像作品であること。

他のコンテストで受賞歴のある作品は応募できません。現在、他のコンテストに応募中の作品は応募できます。

登場する人物、建物などの著作権や、使用している著作物(音楽、写真、絵画、小説、脚本、メディアなど)の使用許諾を得ている作品であること。

※応募締め切り日までに必ず使用許諾を得てください。

作品を応募する際、作品本編と他を区別するために本編の前後に黒味(白味)を付けてください。また「作品名」「応募者名」「本編時間」を記した応募用クレジットを作品先頭に付けてください

応募方法

応募用紙は、鶴川ショートムービーコンテスト公式サイトからダウンロードできます。

【募集期間】

2019年7月1日(月)~2019年9月15日(日)

応募締切 2019年9月15日 必着(※持ち込みは不可)

 

【応募形式】

H.264/mp4、MOV、AVIのいずれかの形式

15分以内(タイトル・クレジットを含む)の作品であること

2K以上のサイズはHD(30fps以下)に、5.1CHの音声は2CHに変換してご応募ください

 

【応募に必要なもの】

①作品

②応募フォーム

③監督の顔写真(ホームページや印刷物などの広報用)

④作品内のワンカット写真(ホームページや印刷物などの広報用)

※オリジナルをコピーしたデータで応募ください。(記録メディアの返却は致しません)

 

【応募方法】

Eメールの場合、ファイル転送サービス(ギガファイル便等)を利用して、発行されたURLをメール本文に記載の上、tsmc.oubo2019@gmail.comまでお送りください。

郵送の場合、オリジナルをコピーしたデータでご応募ください。(データは返却致しません。)

〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷1-2-1

和光大学ポプリホール鶴川 TSMC応募係

WEB : http://www.tsurukawa-smc.com/

MAIL : smctsurukawa@gmail.com

応募資格
授賞式に作品応募者本人または代理人が出席できること。
プロ、アマチュア、年齢、国籍など問いません。
参加費
応募は無料。
結果発表について
【審査方法】
テーマ、技術力、表現力、完成度、オリジナリティなどを考慮して選考します。
一次選考
審査委員長、審査委員、実行委員会メンバーが数人で一組となり、応募作品を1作品ずつ全てを途中で停止・早送りすることなく鑑賞し、審査して入選作品を決定します。
一般選考
入選作品を和光大学ポプリホール鶴川内<期間・場所は現在未定、昨年は、1Fのカフェマーケットで開催>で上映し、来館者による投票を行います。この投票結果は最終選考に加味します。
最終選考
審査委員長、審査委員、実行委員会メンバーが入選作品の中から各賞を決定します。

【審査委員】   ※敬称略
審査委員長 小中和哉(映画監督)
審査委員 鷲北秀樹(一般財団法人 町田市文化・国際交流財団理事長)
審査委員 高橋 巖(映画監督)
審査委員 飯島敏宏(スペシャルアドバイザー・映画監督)
審査委員 清原 理(鶴川ショートムービーコンテスト実行委員長) 
ゲスト審査委員 杉田協士(映画監督)

【各賞発表】
各賞は11月23日(土・祝)に和光大学ポプリホール鶴川B2ホールで行われる授賞式で発表します。
主催
【問い合せ先】
鶴川ショートムービーコンテスト実行委員会事務局
MAIL : smctsurukawa@gmail.com
WEB : http://www.tsurukawa-smc.com/
Facebook : https://www.facebook.com/tsurukawa.smc
twitter: https://twitter.com/Tsurukawa_SMC
注意事項

【個人情報】

個人情報の取扱いは、鶴川ショートムービーコンテストの実施に関してのみ使用し厳重に管理いたします。また目的以外に本人の同意なく個人情報を開示・公表することはありません。

※作品名とともに応募者の名前・団体名、監督の顔写真、作品内のワンカット写真などを鶴川ショートムービーコンテストのホームページや印刷物などへ掲載する場合と、実行委員会が認めるメディア(マスコミを含む)に提供する場合があります。あらかじめご了承ください。

 

【注意事項】

鶴川ショートムービーコンテストへの応募は無料です。ただし、作品の製作費および送料などにかかる一切の費用については応募者の自己負担になります。

授賞式やワークショップに参加する際の交通費や滞在費は参加者の自己負担となります。

郵送された映像メディアおよび応募用紙は受賞の有無にかかわらず返却いたしません。必ずオリジナルをコピーしてご応募ください。

映像メディアの再生不良により作品の視聴が困難な場合、選考の対象外となる場合があります。

作品応募の際、運搬トラブルによる紛失、破損などの損害が発生した場合、主催者側は一切の責任を負わないこととします。

権利侵害や損害賠償、その他作品を製作・上映した場合に発生したトラブルについて、主催者側は一切の責任を負わないこととします。

誹謗中傷、不快感を与える、その他公序良俗に反すると主催者が判断した場合は選考対象外になります。

応募作品の著作権は製作者に帰属します。ただし、主催者は応募作品を本コンテストおよび町田市のPRの目的に限り、無償で複製、編集、第三者への貸与、上映、翻訳・翻案(含む日本語、英語などの字幕挿入)、頒布および公衆送信(ユーチューブなどへのアップロードなど)を行えるものとします。

上映にあたり主催者側で応募作品の映像フォーマットを変更する場合があります。

応募者に違法・違反行為が発生した場合や、応募作品が選考に適さないと判断した場合、選考除外またはノミネートの取り消し(撤回)を行う場合があります。ご了承ください。

応募フォームの「『鶴川ショートムービーコンテスト2019』の募集要項に同意します」の同意欄にチェックをしたことで、募集要項に記載されたことを全て受諾したこととします。

関連コンペ

TOKYO POST CARD AWARD 2018 ~CLIP THE…

・ART大賞 1名 賞金20万円、龍名館グループ招待券、ポストカード作成、ホームページ掲載
・ART賞優秀賞 2名 賞金5万円、龍名館グループ招待券、ポストカード作成、ホームページ掲載
・審査員特別賞 2名 龍名館グループ招待券、ポストカード作成、ホームページ掲載
・龍名館特別賞 1名 龍名館グループ招待券、ポストカード作成、ホームページ掲載
・お客様審査員賞 1名  龍名館グループ招待券、ポストカード作成、ホームページ掲載

入賞されました作品はポストカードとして制作の上、ART RYUMEIKAN TOKYOウェブサイト、ホテル龍名館お茶の水本店、ホテル龍名館東京の客室、パブリックスペースに設置展開、宿泊者等へ無料配布します。
ポストカードの配布・展示期間は、2018年春ごろから1年間。ポストカード配布・展示期間終了までに双方からの特段の申し出がなければ、延長することもあります。

子ども虐待防止 オレンジリボン運動 公…

【一般部門】
・最優秀賞(1点) 賞金10万円、表彰盾
・優秀賞(1点) 賞金3万円、表彰盾
・サポーター賞 賞金3万円、表彰盾
・企業・団体賞(各企業・団体毎) 記念品、表彰盾
・東京都福祉保健局長賞(1点) 記念品、賞状
・一次審査通過(150名) 公式オレンジリボングッズ

【ユース部門(中学生以下)】
・ユース賞(1点) 2万円分の図書カード、表彰盾
・参加者全員 記念品