建築・デザイン学生コンペティション『Asia Young Designer Award』

Asia Young Design Award(AYDA)は、日本ペイントホールディングスグループが、アジア一円で開催している建築デザインの国際コンペティションです。多様な人々が豊かに自分らしく暮らす社会の実現を、建築・デザインの視点からどのようにアプローチできるかを考えます。
アジア各国の学生のみなさんが国をまたいで同じテーマに取り組みます。審査はそれぞれの国で行い、最優秀者には賞金とは別に副賞としてアジア学生サミットに招待します。
著名な建築家からの直接の指導、国や地域を超えた交流の機会は、学生のみなさんにとっては、世界の建築・デザインを取り巻く状況を肌で感じられる貴重な経験になるでしょう。
自身のアイデアを世界に向けて発信していく場として、ぜひ挑戦してみてください。

・アジア学生サミット(ベトナム ホーチミン)での最優秀賞(1名)
 賞金 10,000 USドル
 ハーバード大学での6週間のサマースクールへの招待(旅費滞在費含む)

・日本地区最優秀賞(1名)
 賞金30万円
 アジア学生サミット(ベトナム ホーチミン)への招待(旅費滞在費含む)
 日本地区審査員とのインターンシップツアーへの招待

・日本地区インテリア部門優秀賞(2名)
 賞金各5万円
 日本地区審査員とのインターンシップツアーへの招待

・日本地区建築・ランドスケープ部門優秀賞(2名)
 賞金各5万円
 日本地区審査員とのインターンシップツアーへの招待
応募期間
2019/07/04 ~ 2019/11/12
募集内容・提出物

テーマに沿った未発表でオリジナルの建築を提案

【テーマ】

ペインティング/塗ること

※表現は自由

※応募は一人1点まで

※下記の敷地サイズから一つ選び、建築家すること

 

【敷地サイズ】

・インテリア部門:1000平米まで

・建築部門:1万平米まで

・ランドスケープ部門:4万平米まで

※詳細はホームページを参照

 

【提出物】

・プレゼンテーションシート※A1用紙 1枚

・直近の証明写真

・エントリーフォーム※ホームページよりダウンロード

応募方法

ホームページの登録フォームから事前登録をし、提出物を下記提出先まで郵送。

〒140-8675
東京都品川区南品川4-1-15
日本ペイントホールディングス株式会社
経営企画本部 AYDA事務局

応募資格
作品提出期間中に、大学院、大学、短期大学、専門学校、高等専門学校に在籍し、建築、インテリア、ランドスケープ、デザイン、アートを学ぶ18歳以上の学生であること。
※インターンシップを除く就業経験2年未満
※グループ応募は不可
参加費
なし
結果発表について
受賞者には12月中に個別にメールまたは電話にて連絡。
12月~2020年1月に授賞式を開催予定
主催
〒140-8675
東京都品川区南品川4-1-15
日本ペイントホールディングス株式会社
経営企画本部 AYDA事務局
mail : info.ayda@nipponpaint.jp
審査員(敬称略)

審査員長 原田祐馬

審査員 藤原徹平・中山英之

イベント情報

AYDA2019スペシャルトークセッション

 

登壇者:原田祐馬氏/藤原徹平氏/中山英之氏/古平正義氏

日時:2019年8月3日(土)16時~18時

場所:渋谷ヒカリエ 8階 8/COURT

定員 80名(無料・申込先着順)

申込:https://ayda2019-talksession.peatix.com/

関連コンペ

第5回 東京装画賞

●東京装画賞金賞(1本)/賞状、賞金20万円
●東京装画賞銀賞(1本)/賞状、賞金10万円
●東京装画賞銅賞(1本)/賞状、賞金5万円
●審査員賞(6本)/賞状、賞金3万円
●協賛企業賞(8本)/賞状、賞金3万円
●協賛企業賞(1本)/賞状、賞品

【学生部門】
●東京装画賞金賞(1本)/賞状、賞金10万円
●東京装画賞銀賞(1本)/賞状、賞金5万円
●東京装画賞銅賞(1本)/賞状、賞金3万円
●審査員賞(6本)/賞状、賞金2万円
●協賛企業賞(8本)/賞状、賞金2万円
●協賛企業賞(1本)/賞状、賞品

2018アジアデジタルアート大賞展FUKUOKA

○アジアデジタルアート大賞
福岡県知事賞を授与

○大賞 
一般カテゴリー/静止画部門もしくは動画部門:文部科学大臣賞を授与
一般カテゴリー/インタラクティブアート部門:総務大臣賞を授与
一般カテゴリー/エンターテインメント(産業応用)部門:経済産業大臣賞を授与
学生カテゴリー各部門:大賞に次世代育成支援として奨励金授与あり

○優秀賞 
○入賞 
○福岡市長賞