エイブルデザインアワード ABLE DESIGN AWARD

ミラノサローネ出場権を競う 学生向け空間デザインコンペティション作品募集

 

株式会社エイブルは、“『Laugh』幸せを呼ぶ空間”をテーマに、学生を対象とした、16平米の新しい空間を求める空間デザインコンペティション『ABLE DESIGN AWARD』を実施、2019年1月14日まで作品を募集しています。『ABLE DESIGN AWARD』にて選出される優秀者2組は、2019年4月イタリア・ミラノで開催されるミラノサローネ期間中、『ABLE DESIGN AWARD -World Competition-』へ出場し、制作補助金12,000ユーロ(約1,560,000円)をもとに、そのプランを[幅4m×奥行き4m×高さ最大4m]の空間で表現し、海外招待校と競い合っていただきます。

 

審査員

審査員長

小山薫堂(脚本家)

審査員

谷尻誠(建築家)

西野亮廣(アーティスト)

今村有策(東京藝術大学大学院教授)

飯田都之麿(建築家)

成瀬友梨・猪熊純(建築家)

バーギット・ローマン(designboom編集長)

平田竜史(エイブル代表取締役社長)

日本国内選考を通過する代表2組にそれぞれ製作補助金€12,000(約1,560,000円)を支給
入賞者(プレゼンテーション審査参加最大6組)には「エイブルデザインチーム」の活動に参加できる権利を付与

※エイブルデザインチームとは
株式会社エイブルが学生キャリア支援プログラムとして、 2016年から賃貸物件のリノベーションをデザインする「エイブルデザインチーム」を発足。 エイブル空間デザインコンペティションの入賞者で構成されるエイブルデザインチームは、 賃貸物件オーナーに向けてリノベーションデザインを提案し、 企業と商品化に向けたデザイン提案を行うなど、 学生生活では経験できない様々なプロジェクトに参加することができます。
応募期間
2018/12/01 ~ 2019/01/14
募集内容・提出物

‐テーマ‐
『Laugh』幸せを呼ぶ空間

LAUGH(笑い声)は、 幸せの象徴
笑い声と音楽が木洩れ陽となって降り注ぐ会場には、 世界の大学が競う幸せの空間が5つ
来場者の幸せ(Happiness)な人と空間(Space)を映し出す
天井のMirrorが人と人を結びつける

作品サイズ:
ワンルーム16平方メートル (幅4m×奥行き4m×高さ最大4m)の空間で表現

 

応募方法

公式WEBサイト( http://able-partners-creative.jp/ac/2019.html )エントリーフォームより、 テーマに添った空間デザインのコンセプトシートを提出

応募資格
大学生、 大学院生、 専門学校生
書類選考を通過した際、 二次プレゼン審査(2019年2月5日)において、 模型を用いたプレゼンテーションができること。
書類選考および二次プレゼン審査を経て、 最終2組に選ばれた場合、 制作補助金12,000ユーロ(約1,560,000円)をもとに、 そのプランを2019年4月開催のイタリア・ミラノサローネ期間中[幅4m×奥行き4m×高さ最大4m]の空間で表現できること。
参加費
なし
結果発表について
書類審査の結果はメールにてお知らせ。
書類審査通過者 最大6組には2月5日に開催される模型プレゼン審査へ進んでいただきます。
主催
株式会社エイブル
後援

日本貿易振興機構(ジェトロ)

 

関連コンペ

第2回小布施短編映画祭

*コシナ賞
世界最高品質のレンズを製造してきたパートナーのコシナによる、コシナ賞。「思わずスクリーンに引き込まれる、息を呑むような美しい作品」に贈られます。
「映像の美しさ」を軸とし、ショットやルックの美しさ、映像美が作品のクオリティを効果的に高めているか、という基準で審査を行います。
美しい映像を通じて、作品の世界観やメッセージを最大限に表現している作品を評価します。
*小布施賞
映画や映像の第一線で活躍するクリエイターを特別審査員に迎え、イノベーションに積極的に取り組んできた「小布施」の名を冠する、小布施短編映画祭ならではの賞です。
作品テーマの新規性や先見性、映像表現としての新しさなどを評価基準に、時代の一歩先を見据えた作品を評価します。
特にストーリーや脚本としての面白さ、作品に込められたメッセージ性、作品全体の作家性などを基軸に審査を行います。
*一般審査員賞
小布施やその近隣から公募で集まった映画好きの審査員による、一般審査員賞。
「この映画が一番好き」「感動した」「面白かった」など、純粋にオーディエンスの心に響く優れた作品に贈られる賞です。
*グランプリ
第2回小布施短編映画祭では、グランプリを設けます。
上記3つの賞のWINNER作品の中から、最も優秀な作品をグランプリ作品として選出します。

EVERYBODY×PHOTOGRAPHER .com「30年を振…

賞品は、グランプリ作品に約30万円相当の2機種から選べる最新機種ミラーレスカメラ&レンズ! 準グランプリとしてGoPro HERO7 Black CHDHX-701-FWをプレゼント致します!
さらに、毎日1作品に1000ポイントをプレゼント中。

★グランプリ 1作品
選べる最新ミラーレス一眼カメラ

グランプリを授賞した1作品に、「Canon EOS R+RF24-105mm F4L IS USM」のセットもしくは
「Nikon Z6 24-70 レンズキット」をプレゼント。
エビフォト事務局からの授賞のご連絡の際にご選択いただきます!

★準グランプリ 3作品
GO PRO最新モデル

準グランプリを授賞した3作品には、人気のGo Pro 最新モデル
「Go Pro HERO7 Black CHDHX-701-FW」をプレゼント!

堅牢・耐水性と強力なスタビライザーの搭載によりさまざまなアクティビティが可能!

★入賞 10作品
マップカメラで使えるポイント

入賞作品として選ばれた10作品に1ポイント1円としてマップカメラを含む
シュッピン株式会社が運営する店舗でのお買い物にご利用頂ける
「シュッピンポイント」5,000円分をプレゼント!

★さらに、毎日1作品に
1000ポイントプレゼント
毎日の投稿作品の中から、1作品に1000シュッピンポイントプレゼント!

鶴川ショートムービーコンテスト2019

グランプリ 賞金100,000円
(募集作品のすべての中から脚本・技術等特に優れた作品)
準グランプリ 賞金50,000円
(脚本・技術等特に優れた作品)
町田市長賞 賞金20,000円
(町田市にふさわしい作品)
町田市議会議長賞 賞金20,000円
(将来性が期待できる作品)
(一財)町田市文化・国際交流財団理事長賞 賞金20,000円
(地域の素晴らしさを表現した作品)
審査委員長賞 賞金10,000円
(小中和哉審査委員長が選ぶ、これからが期待できる作品)
審査委員特別賞 賞金10,000円
(高橋巌審査委員が選ぶ、これからが期待できる作品)
実行委員会賞 賞金10,000円
(実行委員会メンバーが選ぶ作品)
U-18賞 賞金10,000円
(18歳以下の監督が手掛けた作品の中から優れたもの)
観客賞 賞金10,000円
(一般からの投票を加味して決定)